スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ベトナム進出の前に必要な準備

ベトナム進出について、様々な経営者から相談を受けます。つい先日も、京都の和菓子屋さんやIT関連サービス業の方から、ベトナム展開に関するコンサルを依頼されました。 私としては、コンサルがメインの仕事ではないので、そこでお話する内容をここに書いていきたいと思います。 現地の日系企業?ベトナム企業? 私は、ここ5年間、ベトナムに日系ITベンチャーを進出させる仕事をしてきました。 海外進出と言っても2種類あります。1つは、海外にある日本企業相手にビジネスするもの。もう1つは、現地企業相手にビジネスするもの。 IT系のサービスだと、そのほとんどは日系企業むけに海外展開しています。しかし、私の場合は、後者の現地企業、つまりベトナム企業相手にビジネス展開を進めてきました。 正直、まだまだベトナムでお金を稼ぐのは難しいです。とにかくお金払いが悪い。給与水準が低いため、ツール導入するよりも、1人追加で雇って解決したほうが安い。さらには、類似のサービスがたくさん存在し、品質が非常に悪いですが、とにかく安い。ですので、日系企業相手にしたほうが短期的にはお金を稼げます。これは確実です。 だから、日系のIT企業の海外進出の多くは、現地にある日系企業向けになっています。理にかなっているからです。そうした現地日系企業の経営者の多くは「今は日系企業で実績をつくり、のちのち現地企業に進出する」とおっしゃいます。 しかし、そこに問題があります。 日系企業からベトナム企業への営業シフトは難しい 日系企業の実績は、現地企業にほとんど評価されません。日本のサービスに対して、一定のリスペクトはありますが、だからといってお金を払ってくれるほど甘くないです。 このため、営業先を日系企業から現地企業に舵を切った時に、大きな売上の減少が生じます。昨年対比◯◯倍とかで事業計画を決める本社からすると、なかなか受け入れがたい事実です。 日系企業の実績が使えない、売上が落ちる、という状況で現地責任者が現地企業に舵を切ると思いますか?100%ありえません。 結局、海外に出ても限られた日本企業の売上を取り合うことに終止してしまうのです。 なぜベトナムに出たいのか、その初心を紙に書いておく もし、皆様がこれからベトナムに進出するなら、ベトナム現地企業向けにビジネスをするのか、日系企業向けにビジネスするのかは明確に分けておくべきです
最近の投稿

目標設定のプレッシャーから開放されること

いろいろな本や、いろいろな方に目標設定の大切さを教わってきました。 「目標を決めて、その目標に向かって必要なことを積み上げることが大切」 「目標のない努力は無駄になる」 このような話を聞くたびに、人生の目標を持っていない自分は、なにか人として欠けている気がしてきました。 特にイチロー選手や孫正義さんなど、一流スポーツ選手や有名起業家の話を聞くと、ますます自分を小さく感じてしまいます。小学生とかから1つの目標を追っている人に対して、いまさら目標を見つけたとしても追いつけないという諦めも感じます。 一方で、自分のことを、なにか明確な目標を持って人生を歩んでいると、見ている人もいます。 そのように見られるたびに、自分の中では恥じ入りたくなるような気持ちになり、必要以上に謙遜したりもします。自分の目標は、断固たるものではなく、世の中を歩いていく上で装備・装着したものだからです。自分自身で、その目標がこの世に生まれた天命なのか、正直自信はありません。でも、時と場合によっては目標を断言しないと、この世では評価されません。 話は変わりますが、最近ランニングをはじめました。 マラソンに出場するとか体重を落とすとか、そういう目標はありません。ただ、毎日続けることで自分の精神力を鍛えたい、という目的から走り始めました。距離も時間も問わず、ただ毎日走ることが目的です。雨でも走る。100メートルでも走る。 30日も続けるうちに、もっと早く走りたい、マラソンに出てみたいという欲が生まれてきました。 目標というものはそういうものなんじゃないかと思い始めています。 最初から目標を決めることは難しいけれども、なにかを無目標で続けてみるうちに、目標を立てられるだけの視界と欲が生まれてくる。「世の中から貧困をなくしたい」から、NGOを立ち上げるのではなく、なにか貧困の役に立つことを続けてたら、NGOを立ち上げる目標が生まれ、NGOを立ち上げたら世界を変えたくなる、そんなものなんじゃないかと。 人生の目標を見つけるためには、目標など何もなくても、何かを続けることが大事なのかもしれないと思っています。 たくさんのことを毎日続けられれば最高です。しかし現実は、たくさんのことを毎日続けるほど時間がありません。だからこそ、効率的に目標を見つけたくなります。でも

大切なことを先延ばしにしない11のタスク管理方法

「まとまった時間ができたら英語の勉強をしよう」 「仕事が落ち着いたら留学の準備をすすめよう」 「今日は早めに帰って勉強しよう」 こんな思いありませんか? これ、昔の私です。実際は 「まとまった時間」や「仕事が落ち着く」ことなどありませんでした。次から次へと仕事は生まれ、決してなくなることはありません 。 そんな中、仕事をしながら約1ヶ月で簿記2級を取得したり、MBA受験のための英語学習時間を確保(留学未経験ながらTOEICは満点まで届きました)したり、転職活動したり、副業してみたり、1ヶ月で100キロ走ったりと、仕事以外のタスクもこなしてきました。 常に「どうしたら1日を効率的に過ごせるか」ということを意識し、特にタスク管理方法は試行錯誤してきました。タスク管理に関する本は30冊以上は読んでいます。 スマホが当たり前の世の中になり、タスク管理はさらに難しくなったと思います。 そんな時代にも対応したタスク管理方法をご紹介したいと思います。だまだ未完成ですが、20年かけて作ってきたものですので、それなりに効果は保証します。 ノートに手書き まず第一に、タスクを整理するなら、ノートに手書きが一番 です。 このように言うと、アナログ大好きなオジサンと思われる方もいるでしょう。しかし、仕事ではChatworkやAirtable、Hubspot、Mailchimp、Miro、プレイベートでもAirbnbやGrabなど幅広くデジタルツールを使っています。まるまる365日、Todoistでタスク整理した年もありますし、同じように1年間Evernoteを試したこともあります。 いろいろ試したなかで、 「頭を整理するならアナログが一番」 というのが結論です。 デジタルツールを使うと、かならずスマホやパソコンを開くことになります。そうすると、嫌でもLINEやFacebookの未読バッジが目についてしまいます。 タスクを整理するためにスマホやパソコンを開いたのに、LINEやメールボックスを開いて「ついつい」仕事を始めてしまうことありませんか? 1つのことに集中するためには、頭の中にある他の考えごとを全て吐き出しておく必要があります。「あれもやらなきゃ」という思いを頭に残したまま、1つのことに集中す

僕がiPhoneXsじゃなくPixel3を選んだ理由

私は、iPhoneXsと比較しまくってPixel3を選びました。Macbook Air、iPadホルダーとしては、やっぱりAppleはこころが揺れるんです。iPhone5sからAndroidに浮気してから、ずっと心残りのApple。Macbookとの連携も簡単だし、フルスクリーンとかかっこいいし、カメラも良さそうだし、処理速度爆速だし。でも、Pixel3にしました。 Pixel3を選んだ理由は3つ。1つはiPhoneより小さいこと。 最近のスマホがでか過ぎて、なんなの?って思うの僕だけでしょうか?片手操作→手から滑り落ちる→追いかける右手がスマホをキャッチできず、むしろスピンを加速→激しく落下→割れる、というストーリーしかないのが苛立つんです。かといって、ごついケースとか後ろに指輪みたいのつけるのって、ダサいじゃないですか。せっかく薄くてかっこいいの買ったのに、結局なんのスマホかわからない。Pixel3はiPhoneXsより比較的(比較的ですよ)薄め、小さ目&軽めなんですね。 2つ目の理由は、Google Photo無料利用。 僕のスマホのストレージってほとんど写真と動画なんです。音楽とか映画もあるけど、大した量じゃないし、いざとなったら消してもいいんで、気にならない。 写真と動画は消せない。でも、そのために256GBとか買うのって、なんか悔しくて。カメラ機能が強化された結果、写真ファイルサイズは上がる一方。iCouldもGoogle Driveも契約してますが、無料だと写真サイズ圧縮しちゃう。Pixel3なら2021年まで、ずっと元画質で保存してくれます。スマホの容量を抑えてコストダウン+Google Photo代金も節約と、iPhoneXsより端末価格以上にコスパがいいんです。 3つ目の理由は、カメラ。 僕の場合、ちまたで言ってる画質の差じゃないんです。正直、画質とか僕にはわからない。かつおだしと昆布だしくらい微妙の差。僕がこだわったのはカメラデザイン。 iPhoneの大嫌いなところが、カメラデザイン。スティーブ・ジョブズ亡き後、出っ張り続けるiPhoneのカメラ。ダサくないですか??Appleらしくないですよね。 Pixel3のカメラは、シングルカメラな上に出っ張りが小さい。背面がスッキリしているんです。逆にGoogleらしくないです

高齢者投票権按分法

老害ジャパン 老害を最小化する法律を作りたい。 日本体操、ボクシング、アメフトにおけるパワハラ、不正会計や脱法行為を続ける大企業、そこに居るのは確実と言っていい高齢者の存在。 全国放送にて謝罪と説明を行う若者に対して、一切テレビに出ず文章の謝罪にて茶を濁す高齢者。チャレンジという名のもと、若者に無理なノルマを課して、自分の名声と退職金を釣り上げる高齢者。 すべてがすべてじゃないという議論は十分も承知だが、もうそろそろ限界。 医療費や年金にメスを入れようとすると「弱者切り捨て」と騒ぎ立てるマスメディア。しかし、日本全体が病んでいくなかで出血を止めなければ、全員が死んでいく。高齢者とくくった人たちも、人の子であって個人としては「孫のために」「人のために」生きている。しかし、権限を持ち、集団となった瞬間に、「あれもほしい」「これもほしい」といった言論が増える。 上がつまれば横に行く 日本に若者の余地は小さい。すべてが高齢化してきている。TV番組をみれば、30年前と同じタレントやその二世タレントばかり。唯一の新陳代謝は芸人くらいか。 こうなると、新人タレントは出る枠がない。枠を取りに行くと、老害権力者からのセクハラやパワハラに会う。ひどいのは、その高齢者はくちを揃えて「あれくらい我慢出来ないようじゃ私のレベルにはなれない」「彼/彼女のためを思って」と言う。その思考そのものが老害化している。 老害がはげしい組織では上が詰まる。そうすれば必然、横にふくれるしか無い。テレビからYouTube、企業からフリーランサーへ、日本から海外へ。良い点もあるだろう。 しかし、ここにあるのは「高齢者うるさい」という忌避感。この感覚が強まれば強まるほど、日本という国の一体感はなくなる。国への忠誠心、愛情、愛着というアイデンティティを失った瞬間に、国という概念は崩壊する。 失うものが多い高齢者 自分も歳をとって感じることがある。それは、歳を取れば取るほど失うものが多くなる、ということ。サラリーマンであれば、尊厳や肩書などがそれにあたる。個人であっても、資産や人間関係など。積み重ねてきた何かが、ずっしりと重みを増して、目の前にある判断を濁らせる。 「彼の発言を認めては自分の威厳が失われる」 「60年も積み重ねた知識が、若年の知識

日本のITサービスが世界で戦うための戦略 その2:普遍的なペインポイントを突く

前の2回の投稿では英語軸で考えることの重要性をお伝えしました。 "日本語ツールは、その生まれた背景から「多数に受ける多機能ツール」となりがちです。このため、そのツールを説明する日本語サイトも「盛りだくさん」となり、これを英訳すると、ターゲットと提供価値がぶれます。誰の何の困りごとを解決するツールなのか、がわからないサイトになるのです。必然的に、検索連動もしにくくなる"  というのが前回までの話しです。 とはいいつつ、英語にすれば世界戦略が解決するわけではありません。シリコンバレーで大量の資金を確保できる米系サービス企業と競争しながら戦うわけですから、非常に綿密な戦略が必要となります。 そこで鍵となるのが「普遍的なペインポイントを探して、突く」という点です。 シンプルな宅ファイル便と独自の進化を遂げた勘定奉行 例えば、 宅ファイル便 ですが、これは「重いファイルがメールでは送りにくい」というペインポイントを解決するサービスです。 一方、 OBC が出す勘定奉行は、もともとは「経理業務にかかる時間を削減したい」「経理情報を経営陣がタイムリーに見れる環境がほしい」といったペインポイントを解決していました。しかし、今ではERPや人事業務などに進出し「経理を中心とした総務業務を一括して自動化したい」というペインポイントまで幅を広げています。 この2つ、どちらが海外展開しやすいでしょうか? 断然、前者です。 後者については、ペインポイントが国によって異なるためです。米国では、日本同様のニーズはありそうですが、社会保険や医療保険の制度がことなるためシステムとしては給与部分でカスタマイズが必要となりそうです。 一方、東南アジアや南米などの途上国となると、会計制度自体が未成熟(賄賂や二重帳簿)であったり経理人材のコストが著しくやすいため、経理を効率化する価値が低くなります。 つまり、 OBC は次々と新サービスを繰り出すことで、日本人の様々なペインポイントに応えてきました。まさに、国全体を取りに行く戦略です。しかし、これがために「誰の何を解決するものか」という点が見えにくくなる、そのままでは海外に適用しにくい、という状況を産んでいます。 ターゲットを絞った提供価値を書き出してみる 提供価値を簡単に表現すると

日本のITサービスが世界で戦うための戦略 その1:英語軸②

前回の投稿 「日本のITサービスが世界で戦うための戦略 その1」 でお伝えしたように、世界同時多発的にサービス導入が始まるITサービスの世界においては、英語軸で考えることは基本です。 日本でも使われる Slack 、日本でしか使われない LINE WORKS Slack が日本に法人登記したのは2017年で、その段階ですでに50万人のアクティブユーザーを抱えてました。50万人の多くは英語のウェブサイト、英語のサポートを苦にせず Slack を導入していたのです。 同様に、 Atlassian が提供する JIRA を利用するアジア人エンジニアは多数います。その多くはベトナム人であったりミャンマー人などの非英語国のユーザーであり、彼らは英語UIを使いこなします。 逆に、アジアにおいて LINE WORKS や backlog 利用者は非常に少ない状況です。欧米ブランドや純粋な機能差という意見もあるでしょうが、そもそもアジアには LINE WORKS や backlog が存在しないのです。それは、ウェブサイト自体が日本語軸で作られており、情報量も少なく、英語検索に対して最適化していないためです。(正確には backlog は欧州進出により、ようやくサイトが更新されてきています) 日本語サイト 英語サイト 日本語サイトにある「導入事例」や「利用ガイド」がない WhatsApp圏において"Business version of LINE”は通用しない 英語サイト 表記が日本円のため閲覧者は価格をイメージできず 日本は「カドのないツール」を生み出す運命にある 日本企業にとって、日本市場は主戦場です。 営業人員やマーケティング人員を抱え、業種別に戦術を変え、日本市場全体を取りに行こうとします。 「もう◯◯業種は刈り取ったから、次は◯◯業種だ!」 ターゲットを次々に変え、あわよくば1億2千万人を狙うのです。 この発想で海外に出る企業の多くは食品製造業です。狙った国に生産拠点を構え、最大多数を取りに行く戦略です。ヤクルト(韓国)、エースコック(ベトナム)、味の素(タイ)などが該当します。 食品製造の場合、鮮度を保つための物流や味覚や知覚に合わせたローカライズが生じやすく、必然、進出に伴って大